大事な歯を守る

身体の部位の中で歯は重要な存在として知られています。食事をする、話すときには欠かせないでしょう。そんな歯は色々なトラブルが発生する恐れがあります。よく発生するトラブルを確認して、いざというときは歯医者で治していくことが大切ですよ。

よく発生する歯のトラブルBEST5

no.1

虫歯

子供から大人まで発生するトラブルとして、虫歯が挙げられます。しっかりと口内ケアをしていないと、虫歯になってしまう可能性が高いので気を付けたいトラブルとなっています。

no.2

歯周病

成人している人の多くが無意識のうちに歯周病を患っていると言われているほど、歯周病もよく発生するトラブルです。歯茎の腫れや出血などが主な症状でしょう。

no.3

着色汚れ

日常的に摂取しているコーヒーやお茶、タバコなどが原因で歯が着色汚れをしてしまうトラブルもあります。色素が歯に取り込まれて、黄色く見えてしまうでしょう。

no.4

口臭

口内環境によっては口臭が発生するトラブルも報告されています。口臭の90パーセント近くは口内に原因がありますが、中には内臓などが原因で口臭が発生することもありますよ。

no.5

歯が抜けた・折れた

怪我や病気の影響で歯が抜けたり、折れたりするトラブルも珍しくありません。また、虫歯や歯周病を放置しすぎても最終的に歯が無くなってしまうので注意が必要ですよ。

歯医者の治療科目を紹介!症状に合わせて利用しよう

院内

一般歯科

歯医者と言っても、治療内容によって通院すべき場所は違ってきます。虫歯や歯周病など基本的な治療を取り扱っているのが一般歯科となります。歯の痛みや違和感を感じた場合は、まず一般歯科から受診すると良いでしょう。

歯型

予防歯科

何か異常が発生して利用するのではなく、異常が発生する前に行くのが予防歯科です。虫歯や歯周病にならないための予防策やメンテナンスなどをしていきます。

医療器具

審美歯科

歯を綺麗にする目的があるのが審美歯科です。虫歯や歯周病などの治療を行ないつつも、歯の形や色の美しさを追求していくでしょう。歯にコンプレックスがある場合は審美歯科の受診がおすすめです。

歯

矯正歯科

歯並びを改善していくためには矯正歯科に行くといいでしょう。矯正歯科では専用の矯正器具を使って歯並びを治していきます。このように歯医者には色々な治療科目があるので、症状や悩みに合わせて利用することです。横浜や茨木など全国各地に歯医者は存在しているので要チェックとなっています。

こんな症状が出たら歯医者に行こう!

歯茎が腫れている

歯茎が腫れてしまうことがあっても自然に治まるのが通常ですが、中には顔に影響が出るまで腫れてしまう場合があります。化膿が原因で腫れることが多く、放置すると入院する必要もあるので早めに歯医者に行くことです。

ご飯が噛めないほど痛む

歯は炎症が発生すると少しだけですが浮き上がる性質も持っています。そのため、炎症が強ければ強いほど歯が浮き上がって強い痛みを発生してしまうでしょう。痛みが続くとストレスにもなるので、何が原因で痛むのかを検査することですよ。

ズキズキとした痛みを感じる

虫歯が進行すると痛みの質が変わってきて、ズキズキとした痛みを感じるようになります。この痛みを感じるようになったら虫歯がかなり悪い状態まで進んでいることになるので、早急に治療を始めることが大事でしょう。

歯の被せ物や詰め物が取れた

歯の被せ物や詰め物が取れてしまうのも珍しいことではないですが、取れたまま放置をするのはやめましょう。取れた状態を放置することにより、予期せぬトラブルを招いてしまう恐れがあります。もし、被せ物や詰め物が取れたらすぐに歯医者に行きましょう。

広告募集中